木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2016年12月31日

今年もあと少し

今年も残すところあとわずかとなりました。
あっという間の一年だったように思います。

今年もたくさんの方たちとのご縁をいただき
本当にありがとうございました。

来年は総合建築植田に3人の新人が入る予定です。
最初はできることも少ないですが、
全力で育てていきたいと考えています。
暖かい目で見ていただければと思います。

DSC_3399.JPG

仕事のほうも、
おかげさまで年初めから順調なスタートがきれそうです。
職人一同、一層努力して、
少しでも皆様の要望を形に変えていけるよう
頑張りますので、
来年も総合建築植田を宜しくお願い致します。

DSC_2970.JPG



posted by ueda at 23:10| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

今年もお世話になりました。

こんばんは、

今年もたくさんの方に支えて頂き、本当にありがとうございました。

住まい手の皆さま、作り手の職人さん、
いろんな住まい方を提案してくれる設計士さん
三位一体で一つ一つ気持ちのこもった家造りをすることができました。

来年も、もっともっと良い家が出来るよう頑張りますので
総合建築植田をよろしくお願い致します。

みなさま、良きお年をお迎えください
s-DSC_9540.jpg
s-DSC_9009.jpg
s-DSC_7996.jpg
s-DSC_8090.jpg




posted by ueda at 17:50| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

上物部の家

上物部の家
今月の中ごろの棟上げに向けて着々と進んでいます。
DSC_1678.JPG
基礎も今日から型枠を外し始めています。

工場では墨付けも8割終わり刻みも順調に進んでいます。
DSC_1700.JPG
ルーターという機械で梁の仕口を掘っているところ
DSC_1679.JPG
仕事が出来上がった材を積み上げていきます。
DSC_1704.JPG
杉材は米松に比べて刃物が切れにくい(仕事がしにくい)のですが
大工さんが丁寧に刻んでくれています。
DSC_1699.JPG
2階にある桧の大黒柱 吉野産の良材です。
柱のねじれを鉋で削りながら正方形になるように加工しているところです。

DSC_1577.JPG
棟上げ時の構造模型です。
棟梁の岡部くんが作りました。
墨をつけや刻みの時に大活躍します。
2Dの図面だけでは読み取りにくい個所も一目瞭然で
棟梁以外の大工にも役立ってくれています。

棟上げまでも少し頑張っていきます。


posted by ueda at 10:31| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする