木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2022年01月18日

近江ヶ原の家新築工事

近江ヶ原の家

昨年末に竣工しました。
20211129_162452.jpg
LDKは杉の床に 壁天井 漆喰仕上げ
対面キッチン、造り付けの食器棚収納付きとなっています。
窓からの光がいい感じですね(⌒∇⌒)

20211204_143136.jpg

テレビ台後ろの壁
漆喰の横引き仕上げです。

20211218_151528.jpg

和室の仕上げは モダンな感じ
薄いグリーンの壁、埋込照明
熊本産のい草表を使用した畳
めっちゃイイ匂いです

20211116_155149.jpg

トイレのクロスはモノクロの大柄で
めっちゃ落ち着いた雰囲気

20211116_155142.jpg

アクセントクロスを使用した
個室も落ち着いた色合いで
ゆっくりと過ごせそうです。

20211105_102230.jpg

外観は焼杉と淡路産の瓦で
落ち着いた雰囲気です

また一棟住まいが完成しました。
ここで暮らす住まい手さん
どんな暮らしをしていくか楽しみです(≧▽≦)

posted by ueda at 08:47| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月13日

浦の家新築工事

浦の家新築工事

長らくご無沙汰していたので
屋根下地からです。

20211016_095152.jpg

これは、ルーフィングと言われる
防水下地材を葺いたところです。
この上に屋根の仕上げ材を張っていきます。

そしてこの写真、
当たり前なんやけど、感動して撮ったんですが
足場の横棒が海の水平線とバッチリ平行になっていて
足場屋さんのきっちりとした仕事にすごいな〜って思ったところ

20211020_094943.jpg

屋根仕上げはガルバリウム鋼板のたてはぜ葺き
軒先は薄く軽めの印象

20211104_115004.jpg

屋根には煙突が付きます
薪ストーブが1階にあり、2階の床・屋根を貫通してきてます。

20211104_114140.jpg

貫通工事中の様子です。
屋根のたてはぜの割り付けを見ながら
如何に水仕舞が良く、見た目もすっきり綺麗に納めるかを考えます
ストーブやさん曰く
ストーブ屋・板金屋・大工 3者がうまく連携とれることは
そうはなく現場によって、なかなか難しいそうですが
今回は理想の納めができて良かったです、と言ってくれました

20211204_155133.jpg

板金屋根は勾配が緩くても葺けるため
比較的、緩勾配の屋根に使われます。
大きい、緩い勾配の屋根を見ると
デッキを作ってみたくなるのは僕だけでしょうか・・・(≧▽≦)

posted by ueda at 18:38| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月10日

本町の家新築工事

本町の家新築工事

昨年末から始まったこの現場
地盤調査の結果が悪く
地盤改良工事が必要となりました

20211118_090658.jpg

敷地に杭を打つところをマーキングしたところです
今回は天然砕石パイル工法を採用しています。

20211118_142212.jpg

バケツに天然砕石を移し
重機に接続しているところです

なんと言ってもこの工法
天然の砕石しか使わないので
土壌汚染や環境破壊など
周辺土地への悪影響は一切ありません

20211118_142827.jpg

砕石杭打設の様子です

もちろん地震時の衝撃にも強く
同じ大きさの建て替えなどであれば、繰り返し使用が可能
大きさが違っても、天然砕石なので撤去する必要もありません

20211118_143534.jpg

オーガの先端 これで掘削していきます

しかも地震時の液状化も抑制することが出来るます。

20211118_143540.jpg

打ち込み完了本当に砕石だけ

セメントのように見えるのは、
地下水位が浅いため、
打ち込みの時に土と混ざって泥のようになり
表面に浮き出てきたみたいです。

今回は 約3m程度まで掘り下げ
砕石を転圧しながら埋めていきます

20211119_105238.jpg

完成後はこんな感じです
所々に砕石が見えますが
全部で24本打設しました

これで地盤もしっかりと補強ができたので
安心して基礎工事入っていきます

posted by ueda at 18:59| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする