木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年09月21日

大町上の農業用倉庫

やっと納入された、ヨド倉庫の材料
約2か月納期が掛かってます。

ヨドに受注がかなり殺到しているようで、
製造が間に合っていないとのこと、
検討されている方はお早めに注文をした方がよさそうです。

119913471_345311499953275_1977457116973870961_n.jpg
梱包をばらしながら、部材を探し
説明書をよく見ながら、段取りしています。
まずは柱の足元の金物から取付です。

119699858_334878387594161_8013657181031350654_n.jpg
その後柱につける金物を一通り取り付け
場所ごとに建てていきます。

119676521_2737567706491572_8758313830153087116_n.jpg
桁には、屋根の折板を取り付ける
タイトフレームを先に取り付けておき、
面戸板も同時に取付します。

119973044_615745842444097_7219238176444866256_n.jpg
私も2時間ほど手伝ってきましたが
大きいプラモデルのようで、作業していても楽しいですね、
出来上がってくるとワクワクします。

さすがヨドさん組みやすく、
しっかりと組めるように随所に工夫がされていますね
posted by ueda at 11:39| Comment(0) | 倉庫工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

イエシロアリの駆除

ひょんなことから見つかった
イエシロアリの被害のお宅

一般的な駆除方法ではイエシロアリの駆除は容易でなく
蟻の数が多く巣ごと駆除しないと違うルートから侵入され、
被害を広げる恐れもあるそうです

その為今回、弊社では初めての毒餌を設置
2~4か月掛けて駆除していくそうです。
なんと、脱皮をができなくなる薬で
(シロアリの寿命は2年くらい、その間に7回脱皮するそうです)
脱皮しない人体やペットには影響なしという優れもの

イエシロアリは1週間に1L~2Lの水を運搬し摂取しています。
被害部の近くに新しい水取場を作り
シロアリを集め、毒餌を摂取させる方法で駆除をします。

20200912_110750.jpg
餌箱を設置して1週間目
ふたを開けて覗いてみると
いましたね、うまく誘導できているみたいです
このまま、様子を見ることに
20200912_110848.jpg
2週間目
ここにきて、めっきり秋らしく気温が下がり
シロアリの活性が落ちているのか
かなりの数が集まってきているが
食欲はいまいちな様子。
20200918_090030.jpg
これから寒くなり
どんどん活性が落ちるので
ひょっとすると、駆除完了まで
4か月くらい掛かるかもとのこと
このエサを全部食べて、補充してを繰り返し
どんどんえさを食べてもらいます。
次の点検は2~3週間後です。
20200918_090432.jpg
サーモグラフィーで壁を見てみると
活動が活発な部分は温度が上がるそうです
隅の部分だけ赤くなっています。

20200918_090641.jpg
こころなしか壁の板も少し湿ったような感じになっています。
餌箱から水分を運んでいるので、そのせいだとか(-_-;)

シロアリの世界は知らないことばかり
いつもいつも勉強になります。


posted by ueda at 06:00| Comment(0) | シロアリ工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

尾崎の家新築工事

外壁工事真っ最中

本家側と建物の外観の雰囲気を合わすため
焼杉を貼っていってます。
20200916_115252.jpg
焼杉は読んで字のごとく
杉板の表面を焼いて炭化させ
対候性をアップ、防虫や防腐効果を持たせた
昔からある外壁材です。

20200916_114929.jpg
最近は表面のすすを落とし表面に塗装を掛けたものが主流ですが
無塗装の焼きっぱなしの材も人気です。

20200911_134941.jpg20200911_134955.jpg
焼杉は3m/4m材が主流なので
2階建ての場合継手が必要になります。
その場合、上の写真のように
そぎ継ぎといって
下の板を45度に切って留め付け
上の板も45度に切って被せる継手です。
こうすることで雨水が板の裏に回るのを防ぎます

20200917_094003.jpg
最近では中間水切りを入れる場合もありますが
見た目の雰囲気で今回はそぎ継ぎを採用しています。

仮止めでどんどん貼っていき、
後で板の正面から
黒い釘で留め付けて完成です。



posted by ueda at 06:00| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする