木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2009年05月09日

舞多聞の家 完成

ついに舞多聞の家が完成してしまいました。
去年の9月に刻み始め7ヶ月半掛けて
ようやく引渡しすることが出来ました。

おかげさまで、いい住宅が出来上がりました。
施主さんの夢を全てとまではいきませんが
かなえることが出来たような気がします。
大変喜んでいただきました

施主さんをはじめ、設計の水野さん、庭師の遊庵さん、その他
工事に携わった全ての方々、本当にお世話になり
ありがとうございました。

それでは完成した舞多聞の家を紹介します。

DSCN1699.jpg

外観・アプローチです
右に版築(天端は瓦葺き)の塀
左にコンクリート打ち放しの塀
土間は枕木とコンクリートの洗い出し

遊庵さんが植えてくれた高木に
葉がつき芽が出てきました。
周りの風景と1体となり
お互いがお互いを引き立たせているようです。
やはり庭木の存在は大きいなと再認識しました。

DSCN1713.jpg

門扉から版築の塀を見たところです。

DSC07041.jpg

版築の表情です。少し薄い層で突き固めました。
1層ごとに材料の配合を変えているので
凄く綺麗な模様が出ています。


次回に内装の紹介をします。

posted by ueda at 20:01| Comment(0) | 舞多聞の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする