木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2012年07月06日

木工教室2011/12

少し時間はさかのぼりますが、
去年の月末と今年3月に志筑の恵泉保育園で木工教室を開催しました
そのときの写真が手元に来たので載せてみたいと思います。

主催は建築士会の青年部
年長さんを対象に、杉の板をのこぎりで切ってもらい
絵の具で着色し積み木を作るという内容です。
(積み木はカプラ(1:3:15の比率で出来た積み木)と同じ大きさです)

やはり のこぎりは危険な作業になるので先生方も心配されていました。
出来るだけ危なくないように、長さを揃えて真っ直ぐ切れるように ガイドを作成
DSC_3577.jpg
長い板を木と木の溝にはめ込み右側の木に当たるまで差し込みます。
切れ目があるところにのこぎりを入れて切ります。

人数が40人いたので8班に分かれ 
板を切る人と色を塗る人に分かれてもらいましたDSC_3658.jpg
一人が切ってもう一人はその様子を横で見ています。
DSC_3596.jpgDSC_3615.jpg
女の子は上品です(*^-^)
DSC_3594.jpg
切る姿勢はバッチリ┌|∵|┘
DSC_3606.jpg
「うおりゃぁ〜〜」って感じ(^▽^;)
厚さ8mm幅24mmの板を長さ120mmに一人10本〜15本切って行きました。

園長先生も参加 苦戦している子供たちに教えていました。
横で見ているのは下のクラスの子達で年長さんの様子を見学に来てました。
DSC_3608.jpg

色塗りのほうは
DSC_3592.jpgDSC_3598.jpgDSC_3622.jpg
本格的な絵の具の使用は初めてで、みんなすごく楽しそうに塗っていました。
指や腕、スモッグも絵の具まみれですごいことになっていました・・・(^^;)

IMG_2229.jpg
最後に園児達から歌のプレゼント

完成
DSC_3631.jpg
個性豊かに色付けされた約400枚のカプラが出来上がりました。

少し時間があったので、タワーを積んでみました
IMG_2212.jpg
横には園長先生のスカイツリーが登場して背比べ
「すご〜い」「めっちゃ高い」「俺より高い」と園児は大興奮

なんだかんだであっという間に終わりました。
一人も怪我することなく上手に積み木が出来上がりました。

次回はこのカプラを使って遊んだ様子をUPします。






posted by ueda at 18:38| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする