木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2012年09月05日

木工教室 2011/12 その2

あっという間に2ヶ月がすぎ・・・(-_-;)

建築士青年部主催の恵泉保育園木工教室
第2回目、
前回作った積み木と保育園にあるカプラを
使ってみんなで遊ぼうという企画、
IMG_3138.jpg
今回も8班に分かれてもらい
カプラを横置きで3列、2段目は90度方向変えてまた3列
という具合に交互に積んでいき高さを競う
制限時間は3分
IMG_3156.jpgIMG_3164.jpgIMG_3169.jpg
3分あると結構な高さまで積みあがりますが
バランスが悪いと
IMG_3173.jpg
あちこちで、ガシャーン、「わー」「きゃー」と声が聞こえてきます。
IMG_3191.jpgIMG_3192.jpgIMG_3193.jpg
倒れては積み上げを繰り返し
IMG_3196.jpg
制限時間、
IMG_3199.jpg
一番高く積んだチームは80cm、さすが年長さん(^.^)>(^.^)>\(^_^)/
ちなみに大人が真剣につんだ日本記録は11m64cm
世界記録は18mだそうです、すごいです

次は2班になって大きなリングつくりに挑戦
IMG_3255.jpg
みんなで輪になってぐるぐると積んでいきます。
IMG_3261.jpg
完成 (^ー゜)ノ 記念撮影
IMG_3276.jpgIMG_3284.jpg

ちょっとした間にも子供たちの想像力が膨らんで
IMG_3232.jpg自分なりに遊びだしました
IMG_3235.jpg思い想いをかたちにすべく
IMG_3236.jpg80471何の数字かな??

ただの板切れと言ってしまえばそれまでのカプラ
それだけ渡されても私たち大人には何をするものなのかも
どうしていいかわかりません、
でも子供たちは自分なりに遊び方を発見し
遊びながら自由に創造していきます、
自分たちで切って作った積み木で遊ぶということは
今の子供たちにとっても良い経験になったことと思います。
IMG_3326.jpg
驚いたのは、お片づけ
カプラはパイン材で、木工教室で作ったのは杉材
一見、見分けのつきにくい同じ大きさの板
カプラとは分けてしまうため、
園児たちに同じ種類の板を集めて持ってきてもらいました、
その正解率が凄く高かった用に思います、
最後の方は2種類の板を右手と左手に分けて持ってくる子もいました。
大人がやるとこうもうまく片付けられるかな・・・

とこんな形であっという間の1時間
楽しく過ごすことが出来ました、
協力いただいた保育園の方々ありがとうございました。

また機会があればよろしくお願いいたします。








posted by ueda at 14:19| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする