木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2019年12月01日

白蟻調査

今年の8月に、リフォームしたお宅から
白い蟻みたいなのが窓枠から出てきたと連絡がありました。確かに穴が開いている。
新しく窓枠を交換して4ヶ月こんなに早く孔を開けるものなのかと目を疑いました。
20191109_140137.jpg
このお宅は6年前に
すまい手が某白蟻会社に工事をしてもらっていて、
今年の春に点検で異常無しと言われたそう。
20191201_095150.jpg
その話を聞いていたので
リフォーム時、床下地の
白蟻の食害が酷いところは交換していました。
そこに白蟻はいなかったので大丈夫と
安心していたのですが、
こんなことになるとは💦

いつも当社でお願いしている
白蟻のプロに来てもらい、
床下に潜って小一時間、調査をしていただきました。
あちこち写真を撮ってテレビに写し、
すまい手に丁寧に説明をしてくれました。
20191201_101607.jpg
原因はコンクリートブロックの隙間にある
蟻道部分の処理ができていないことでした。
ここから白蟻が侵入し
新しい木を食害していったそうです。
これを見つけられる技術者は今では少なく、
一般の白蟻会社では、難しいかもしれないそう、

今からの季節、白蟻の活性がおちるので、
活性があがる春まで、待った方が効果が高く
駆除工事は来春にすることになりました。

これからはリフォームなどで白蟻の被害を見つけたら
蓋をする前に一度調査してもらうよう気を付けます!



posted by ueda at 18:32| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする