木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年08月07日

尾崎の家新築工事

外壁の下地工事です。
耐力壁を作るため
ダイライトを貼っています。

20200804_084517.jpg
地震台風火事に強い面材で
しかも透湿性がある、優れものです。
この透湿性があるというのがポイント
なかなか透湿性のある面材ってないんですよね
モイスとかも有名ですが、まあまあ高いですし💦

20200804_084635.jpg
弊社ではこの透湿性を重視しているわけですが
透湿性が低いと
内部からの湿度により壁体内結露が起きた時
蒸れて腐れが発生しますが
透湿性を持たすことで湿気を外に排出し
乾燥を促すことが出来ます。

20200804_085012.jpg
そして室内の湿気が抜けることで
人体に影響のある有害物質も湿気と共に排出されるので
より室内の空気環境が良くなるというわけです。

20200806_170658.jpg

室内側から外側に向け湿気が抜けやすい材料を配置することで
より壁の中の湿度環境を快適に保ちます。

20200804_084838.jpg

中からみると窓の雰囲気が出てきましたね〜
お盆休みまでもう少し、サッシを取り付けて
水仕舞いまでは何とか間に合いそうです。

Screenshot_20200805-181547_Instagram.jpg
インスタフォローお願いしま~す(^▽^)/

posted by ueda at 21:27| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする