木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年08月10日

尾崎の家新築工事

灼熱の暑さの中、屋根屋さんは屋根の上で仕事しています。
しかも遮熱シートを貼っているので
上から太陽、下から反射熱でホントに大変です💦
連日の作業には本当に頭が下がります。
20200805_085741.jpg
まずは瓦桟打ちから
瓦を止めるための桟を
瓦の寸法に合わせて
横に打ち付けていきますが
ルーフテープという白いテープを
桟の下に敷き込みます。

20200805_085802.jpg
こうすることで、万が一瓦の中に水が廻っても
防水紙と瓦桟の間に隙間ができるので
軒先までスムーズに雨水を排出することが出来ます。

穴の開いた防腐剤に漬けた瓦桟もあるのですが
桟が細いのと、薬剤漬けが嫌でこの方法にしています。

20200805_090302.jpg
瓦を桟に載せるとこんな形になります。
一枚一枚ステンレスのビスで止めていきます。
瓦にも暴風に強くするための工夫もされているので
台風がきても大丈夫な屋根になります。

20200806_170529.jpg
桟を打ち終え地瓦を屋根に載せます。
約2000枚、屋根の上まで運ぶのも一苦労です💦

屋根工事には欠かせない、
便利なものがこちら👇
20200805_085809.jpg

こちら、「タワー」と呼ばれる屋根資材荷揚装置
L型の荷台に瓦や資材を載せスイッチを押すと
電動で梯子の上を上っていきます。
なんて便利なものなのでしょう(^▽^)/

昔は手で持って屋根まで運んでたんやろな(^^;
考えるだけでゾッとしますね(⌒∇⌒)

インスタフォローお願いしま~す(^▽^)/




posted by ueda at 19:30| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする