木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年09月30日

神代の家改修工事

神代の家改修工事
大工工事も残りあとわずかとなってきました

20200925_105948.jpg
造作物のカウンターや本棚
収納の中の棚板なども所定の位置に
建具枠や窓枠も木枠が取り付いて納まってきました。
20200925_110000.jpg

造作材を取り付けているときは
現場の風景があまり変わらないので
現場進行が止まったように見えるのですが
徐々に進んでいます。

石膏ボードを貼りだすと現場の風景も
一日でガラッと変わるので
メッチャ仕事した気になれます(⌒∇⌒)
(いやいや実際仕事してますから・・・)

20200928_130849.jpg
それもこれも造作材の下準備ができているからこそ
ボードを貼りだしたら各部屋の下地が
完成するまで貼り切りたいので、下準備は入念に(^▽^)/

20200928_130841.jpg
トイレと洗面所の床はタイル貼り
300角のタイルを貼りました。
水廻りの汚れ対策にタイルを選定
少し濃いめのグレーで足元を引き締めてくれます。
20200928_130832.jpg
今回、左官女子初タイル貼りに挑戦
ベテラン職人の指導の下綺麗に貼れていました。

故障してから新しいのを買えてなかった、タイル用切断機
今回新しく新調しました。
早速の大活躍でした(^▽^)/
20200926_095614.jpg


posted by ueda at 07:00| Comment(0) | リフォーム工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

想いを繋ぐ

日曜朝のニュースで
竹内結子さんがお亡くなりになったと聞いたときは
本当にびっくりし、言葉を失いました、
再婚して子供も生まれたばかり
自殺とは程遠い存在のように思っていたのは
僕だけではないはず(-_-)
廻りをパッと照らす笑顔が印象的な女優さんでした。
心からご冥福をお祈りいたします。

今週の月曜日は朝礼から
いつものように職人さんの各現場の確認が終わり
大工を連れて南あわじ市の材木屋さんへ
トラック2台で向かいました。

この材木屋さん、来春に向けて一旦店を閉めるそうで
今まで仕入れてきた材木(銘木)を使ってくれる人に
買ってもらいたいと、連絡を頂きました。

取りに行くのが遅くなったため
あまり良い木がなくなってきたと、言ってましたが
まだまだ、たくさんの銘木たちが
倉庫のあちこちに並んでいました。

木材一つ一つに社長の思い入れがあり
口をついて出てくるエピソードの数々
この価値を分かってくれる人が少なくなってしまったと
少し寂しそうに語っていたのが印象的でした。

社長が集めたこの銘木たちを
僕らがうまく使えるかどうかが問題ですが
大事に使わせて頂きます。

住まい手に思い入れがあり
造り手にも思い入れがあり
材料一つ一つにも思いが入っていて
木を育ててくれた山にも思いが入っている

その一役を担えている
自分たちは本当に幸せもんです。


20200928_113414.jpg
吉野桧4寸柱
中国桧4寸柱
杉赤廻り縁
杉赤竿縁
桧5.5寸*36mm

20200928_113444.jpg
無垢の杉の天井板や
ブビンガの板材
ケヤキの板
サクラ貼丸太
杉貼竿縁天井板
神代杉の板
天然絞り丸太
黒檀の床柱
欅の210*3m材
シャム柿床框

沢山の材木を分けて頂きありがとうございました。


posted by ueda at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

玄関アプローチ改修工事

今回のスロープ改修での
土間仕上げはコンクリートの洗いだし

20200924_145152.jpg
こんな仕上がりになります。
経年変化で15年くらい経つと
20200924_145220.jpg
こんな感じになります。いい雰囲気ですね〜(^▽^)

その作業風景を見ていきましょう
20200924_142752.jpg
コンクリートを打ち込み、一度押えます。
中の砂利が動かない程度に固まってから。
タイミングを見て、水を含んだ刷毛で
表面のノロを柔らかくし
掃きとっていきます。
20200927120653.jpg
刷毛で表面のノロをゆっくり取り除き
何回も履いては取りを繰り返すと
中に埋まっている砂利が見えてきます。
20200924_150014.jpg
今度はスポンジで汚れを拭き取るように
何回も丁寧に抜き取っていきます。
砂利の表面についたコンクリートのノロを取り除き
砂利とコンクリの境界を綺麗にするためです。

20200924_142752.jpg
ある程度、砂利の表面がきれいに見えてきたところで
拭き取りは終了、あとは乾くのを待つだけです。

このコンクリートの洗い出しは
洗い出しの中では比較的コストを抑えた仕上げで
見た目もコンクリートの押さえとは違って表情も豊か、
しかも滑りにくいので、
スロープなどには、とっても相性のいい仕上げです。
posted by ueda at 06:00| Comment(0) | 左官のしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする