木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年10月15日

想いを繋ぐ家 尾崎の家新築工事

尾崎の家新築工事

もともとあった裏座敷の床の間の天井に
住まい手の、ひいひい爺さんが作った
手編みの天井板が貼られていました。

20201009_100239.jpg取り外した天井板

解体前にこれだけはとっておきたいと、
住まい手のご両親に言われ
丁寧に取外し置いていました、
その時の記事はこちら

再利用する場所を
玄関?階段の天井?壁に埋め込む?本家との渡廊下に使う?寝室?
と、棟梁の向所が、いろいろと検討、
住まい手に提案し
寝室の天井板に使うことに決定(^▽^)/

杉板を薄く巾を揃えて、加工し
手で編んでいく、網代(あじろ)の天井板、なかなかの地道な作業です。

一部模様が違うところがあり、一見間違えたかのようにもみえますが
これだけの腕を持った大工が、そのことに気づかないわけもなく
何か意図をもってこうしたのではないかとも想うわけです。

完璧にしないことでの願掛けなのか
ひょっとすると大工の茶目っ気だったりもするかもしれません

20201012_093107.jpg天井下地組

いずれにしても、おじいさんが愛情を注いで造った天井板

まさかこんな形でひひ孫たちが毎日寝るときに眺められる場所に
移設されるとは夢にも思っていなかったはず(⌒∇⌒)

きっと、ひいひい爺さんが  天(井)から ひひ孫家族を
見守っていてくれることでしょう。

この天井のデザインも向所が考えたもの
本人も意欲満々に取り組んでいます。

20201014_081944.jpg

こういう各世代の想いが繋がっていく家 って
やっぱり素晴らしいですね(⌒∇⌒)

僕らもその一端に関わることが出来て本当にうれしいです。

毎回現場に行くのが楽しみです、
もちろん天井の仕上がりも超〜〜〜楽しみです(^▽^)/







posted by ueda at 07:00| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする