木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年11月30日

木製雨戸戸袋の鏡板

雨戸戸袋鏡板の張替え工事終了しました(^▽^)/
改修前はこんな感じでした。

20200908_055316232_iOS.jpg
日当たり具合で風化の具合も違います

20200908_055225281_iOS.jpg
少しわかりにくいですが
板の厚みも少し薄くなり
冬目が立ち夏目が凹んで
ギザギザになっています。
中には貫通してしまっているところもあります。

20200908_060604990_iOS.jpg
新しく杉の柾板を張り替えたのはこちら

IMG_3344.JPG
大和張りと言って
板を前後に重ねて板を張る方法
奥、手前、奥と凸凹とした仕上がりになり、
重ねしろを取ることで、雨水の侵入を防ぎます。

IMG_3341.JPG
1階の戸袋は下残が付いているので
アンダーカットはなし
上下に板をはめ込むので
こちらの方が手間がかかります。

IMG_3346.JPG

無事完成です。
また何十年と風雨を耐え凌いでくれますね(⌒∇⌒)

posted by ueda at 19:00| Comment(0) | リフォーム工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

木製雨戸戸袋の鏡板

築30年〜40年になる、純和風のお宅

外壁は掻き落とし
屋根は簡略の入母屋造り
下屋は銅板の一文字葺き
庇もぐるっと回っていて
めっちゃかっこいい日本家屋(数寄屋風)
今回は
木製の雨戸戸袋の鏡板(杉柾)が痛んでいて
交換して欲しいとのこと

20201125_153654.jpg

ドアップの写真を撮って引きを取るの忘れてました💦
夏目が風化して冬目しか残っていない所もチラホラ
杉の柾板が風化すると見た目は
ある意味きれいなのですが穴だらけ( ̄▽ ̄;)
割れてしまっているところもありました。

20201127_102328.jpg

傷んだ鏡板をめくると雨戸が見えます
どうやら桟は傷んでいないので
このまま再利用できそうです。

溝ついてあって板がハマるように加工されています.jpg

この戸袋かなり手間が掛かっています
鏡板は杉の柾板の大和張りになっていて
上長押には、溝が切られていて
板がはまり込むように加工されています
妻板との取り合いもほぞ打ち抜きの割くさび

2階に6か所あります。
ですがこの家にとっては簡易バージョン

1階の表の間はもう少し手間がかかっています

いったい何人役掛かって建てたのでしょう・・・(・.・;)

20201127_102300.jpg

1っか所ずつ既存の幅に板を加工しながら
板の下部分は少しアンダーカットして
一枚一枚丁寧に真鍮釘で打ち付けていきます。

ここ丸くなってます.jpg

古い木と新しい木とのコントラストもいいですね(⌒∇⌒)
もうすぐ完成です。
posted by ueda at 19:00| Comment(0) | 古民家改修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

尾崎の家新築工事

尾崎の家新築工事

工事も終盤
左官工事に突入しました(^▽^)/

20201120_110147.jpg

黄色い石膏ボードの目地を詰め
下地を塗ると一気に雰囲気が変わります

20201125_151719.jpg

この段階で住まい手が見ると
「もうこれで仕上げでいいんちゃう(#^.^#)」
と言ってくれるほど、部屋らしくなります。

20201125_151727.jpg

でもね、上塗りを塗ると
やっぱり、こっちのほうが良い!ってなります。

20201125_151811.jpg

まずは下地をしっかりと塗っていきます。
みるみる打ちに現場の風景が変わっていく
この瞬間が造り手にとっても
何度見ても飽きない、幸せな瞬間ですね(#^.^#)

20201125_151650.jpg
家具工事も間で入ってもらい
トイレのカウンターが設置されました。

週末から、いよいよ上塗りに入っていきます。











posted by ueda at 19:00| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする