木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年11月03日

神代の家改修工事

7月に着工して
やっとここまで来ました(^▽^)/

20201102_134341.jpg
器具付けも完了し
床の養生をめくりました。
まだまだ道具や材料、残ってますが
ひとまず📷
20201102_140613.jpg

床の養生をめくる瞬間が一番楽しみな時
誰よりも一番最初に仕上がりの
雰囲気を楽しむことが出来るからです。
20201102_140421.jpg
ウォルナットの床の色が見え
壁の漆喰 天井のレッドシダーや和紙
カウンターやキッチン廻りのオーク突板パネル
杉の建具枠に建具
窓枠はピーラー
ニッチのタデラクトと
たくさんの仕上げが視界に入ってきますが
スキッと統制がとれ、適材適所に納まっている感じがしました。

20201102_134442.jpg

照明の配置もよく考えられていて、勉強になりました。
廊下の配灯は今度試してみよう(⌒∇⌒)

20201102_135021.jpg

漆喰壁も間接照明でくっきりとパターンが浮き上がります。
これがまた見ていて飽きないんです。

20201102_141304.jpg

残りは外部足場の撤去と
電気工事と美装工事、
設計士さんの塗装工事とブラインド工事 
となり竣工までもう少しです。

気を抜かず最後まで頑張ります(⌒∇⌒)


posted by ueda at 19:00| Comment(0) | リフォーム工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする