木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2021年08月10日

近江ヶ原の家新築工事

近江ヶ原の家

サッシ(鋼製建具)の取り付け
アルミサッシは枠とガラス障子に分かれていて
現場に搬入されるときは、この形で入ってきます

20210803_094956.jpg

パッと見ると、どっちが上か下か分からないですね(笑)

20210803_095005.jpg

装飾窓と呼ばれるサッシの多くは完成品で入ってきます。

装飾窓・・・縦すべり出し窓 横すべり出し窓 ルーバー窓
      FIX窓 内倒し窓・突き出し窓などの総称

20210803_095117.jpg

サッシ枠を 外壁下地の開口に取り付けます

20210803_095127.jpg

防水紙が先貼りしてますが
下側はシートの上に枠を取り付けますが
左右と上側は枠を取り付けて防水紙をかぶせます。

こうすることで万が一防水紙層に雨水が侵入しても
サッシ枠を伝って外に水が排出できるようになります。

20210804_133730.jpg

防水紙とサッシ枠は防水気密テープでしっかりと
密着させ、止水性を高めるのも大事なポイント

20210804_133655.jpg

サッシ枠が取り付いたところです
この防水紙は遮熱性もあるので
室内に入る熱を抑える効果があるシートです
遮熱・防水・透湿の3役をこのシートで担う高性能な防水紙

このように雨漏り対策もしっかりと
考えて納めていきます。

posted by ueda at 21:54| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする