木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2021年09月18日

近江ヶ原の家新築工事

近江ヶ原の家
屋根工事の続きです

下屋の瓦も終わり
板金屋さんが、「のし水切り」を取り付けに来てくれました

20210901_111725.jpg

外壁と屋根の隙間を塞ぎ、雨水の侵入を防ぎます
板金屋さんは
ガルバリウム鋼板などの鉄板を使い、
雨水が建物の内部に侵入しないようにしてくれます。

住まいにとって、いい板金屋さんが入る入らないで
雨漏りなどのリスクが、かなり変わってきます、
とっても重要で大事な職人さんです。

20210901_112631.jpg

大屋根の瓦葺きも順調に進みました。

20210901_112005.jpg

地瓦が葺けてくると、やっぱり瓦の雰囲気が際立ってきます。
大屋根は切り物が少ないので、その分工事もはかどります

20210901_111944.jpg

棟(一番山のてっぺん)では、
強力棟金具を取り付けています
棟が風で飛ばされないようにしっかりと固定できます。

20210907_120444.jpg

しまった( ̄▽ ̄;)
棟積んだところの写真を撮り忘れていました💦

この後、防水性を高めるため袖瓦などの隙間を
コーキングで止水していきます。

これで屋根工事も終了です。
posted by ueda at 21:53| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする