木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2021年09月29日

近江ヶ原の家新築工事

近江ヶ原の家

内部造作工事進んでいて
階段も掛けめています

20210915_093513.jpg

まず初めに原寸図を書いて細部の納まりを決めます
その図に沿って、板を加工していきます

20210915_093529.jpg

それぞれの板に段板がはまるところ
蹴込板がはまるところを墨付けし
溝を掘ったり、階段の勾配に合わせて切断したりします。

20210917_131646.jpg

両サイドの板を加工し取り付けてから
段板と蹴込板をはめ込んでいきます
綺麗に納まっていますね(≧▽≦)

20210917_131704.jpg

まっすぐの部分の次は3段廻りの部分
この部分は両サイドの板が外回りだけになり
内側は柱一本に段板が刺さるようになるので
そこの納め方は難易度高めです

20210917_133848.jpg

2階からから見たところ
回り階段の1段目が取り付いています
この後順番に一段づつ上がりながら進めて行きます。

弊社では、階段造作は大工が墨付し加工して取り付けます
posted by ueda at 19:41| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする