木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2021年11月05日

浦の家新築工事

朝晩の冷え込みが
だんだんと寒くなってきましたね
皆様、体調に気を付けて下さいね(≧▽≦)

浦の家 屋根下地工事

1階の屋根は下屋(げや)
2階の屋根のことを大屋根(おおやね)と言います

今回は軒の出が深いので垂木も120ミリ×45ミリの
大き目の材を使います。
通常の屋根の倍くらいの太さになります。

20211011_113323.jpg

垂木を留めるビスも当然長くなります
専用のビスで留め付けていきます

20211011_113304.jpg

棟の部分は垂直に切って合わせます
垂木の間に入っているのは、転び止め
垂木が細長いので横に倒れないようにするためです

20211013_085330.jpg

垂木が並ぶと、野地合板を張っていきます。

20211013_085224.jpg

全体に貼ると、足場も良くなり歩きやすくなります(^O^)/
見習の時は、屋根の上の作業は怖くて本当に嫌だった(~_~;)

20211013_085246.jpg

下から見るとこんな感じです。
水平垂木で納めているため
軒先の屋根の厚みが薄く
とってもシャープにかっこよく仕上がります

20211013_085434.jpg

家を守る屋根の下地工事
しっかりと進めています(≧▽≦)
posted by ueda at 22:06| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする