木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2021年11月09日

近江ヶ原の家新築工事

近江ヶ原の家

大工工事も終わり仕上げ工事に突入しています
まずはリビングと和室から

20211102_110948.jpg

壁を塗るところ以外は養生します
グリーンのテープは材木にくっつきすぎて、
剥がす時に木の繊維がくっついてくることもあるので
接着の弱いテープでマスキングしていきます。

20211102_110932.jpg

ボードの継ぎ目の目地を詰めて下地を塗っていきます。
漆喰は強アルカリ、石膏ボードは酸性なため
直接塗ると中和してしまいくっつかないので
その影響を受けにくくするために下地を塗ります

20211103_095221.jpg

黄色い石膏ボードから白い壁に早変わり
どんどん部屋らしくなってきました。

20211103_095238.jpg

白くなることで部屋も明るくなり、
なぜか広く感じます。

20211102_110921.jpg

よく、この下地のままでも充分、綺麗と言われることがありますが。
漆喰の仕上げを塗ると、やっぱり全然違います(≧▽≦)

20211103_095145.jpg

和室の壁、天井の下地も塗り終わりました。
仕上げの漆喰は、もう少し先
充分乾かしてから塗っていきます。
仕上がりが、楽しみです(≧▽≦)
posted by ueda at 22:24| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする