木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2009年01月11日

現場近況 仁井の家

年も明けて仕事が始まり少し、
体も慣れてきたところです。

現在は2Fの天井板を貼っている所です、
母屋の間に杉板を貼っていくのですが、
母屋が丸太なので板の端を
丸太の丸みにあわせて一枚一枚
削りあわさなくてはなりません。




どうすれば早くかつ綺麗に仕上げることができるか
大工3人で相談しいろいろ悩んだのですが、

結局原始的な方法が一番だろうということになり、
丸太に杉板の厚み分溝を堀りそこに板を差込み
反対側を削り合わせる方法にしました。

地道にコツコツ貼っていっています。




写真は前回書いたSUSの金物を取り付けた写真です。
この金物にガラスを乗せて全周採光を作ります。

このまま2Fの天井を貼り床・壁をある程度仕上げておいてから
ガラスを入れて外部の仕上げをしていきます。

昨日は急に気温が下がり、吹雪いてきたので道が
氷らないうちに引き上げました。

今から寒さが本格化してくるので早く外部を仕舞いしたいです。



posted by ueda at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 仁井の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック