木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年06月26日

構造模型

先日開催した大工の仕事見学会

そこにおいてあった構造模型
この模型は家の骨組みを図面通りに
組み立てたものです。

構造模型は設計士が作るものと思われがちですが
弊社では若手大工に作るよう言っています。
かなり作るのは大変で
初めて作ると5~6日くらい掛かります
慣れてくれば2日くらいで出来ますが
仕事終わりの夜だけでしようと思うと
1週間~10日くらい掛かってしまう大変な作業です
なぜ、そんな大変なことをするのでしょうか?



自分で書いた伏図(構造図)が3Dになった時に
順序良く組み立てられるのか
地獄組になっていないか
大きい材に小さい材が掛かっているか
逆の場合補強は必要か
高さは間違えていないか
他にもたくさんの確認したい所が一目瞭然となるのです

経験の浅い棟梁はこの作業を机上で経験することで
実際の墨付けにもかなり役に立ちます。
また、先輩大工に、ここの部分の仕掛けをどうすればいいか?
というような質問も相手に伝えやすくなります。


墨付けや刻みの時にもこれが手元にあると
頭の中が整理され、間違いにくくなり、
とても心強い存在になります。

こんな手間のかかる模型を何も言わずに作ってくる
棟梁は本気です、真剣です、本当に尊敬します。


もうすぐ、建前 頑張れ!!



posted by ueda at 23:08| Comment(0) | 大工のしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。