木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年09月17日

誰一人取り残さない社会の実現

今日はSDGsのお勉強に行ってきました。
アウトプットして整理します。

SDGs聞いたことありますでしょうか?
2015年に国連で締結されたSDGs
2030年までに達成すべき、持続可能な開発目標を定めたもので
世界の国際指標として使われている

17の目標と169のターゲット(具体目標)
SDGs_logos.jpg
こんなマークを見たことありませんか?
世界が抱える課題を包括的に挙げています。

日本は今、人口増加が2008年で止まり、
今から80年で人口が約4000万人(いまの1/3)
まで減少すると予測されている。

世界中の中で日本だけが人口減少の問題に直面している
そんな未来を見据えた中で、このSDGsと地方創生を
同時に考えていかなければならない状況

20200916_181316.jpg
AIによるシミュレーションでは
これから日本は「都市集中シナリオ」と
「地方分散シナリオ」の岐路に立っていて、
ここ数年でどちらが、未来の日本にとって
より良い道なのか選択しなければならないという

コロナ禍により、地方分散シナリオが優位に傾いたような気もします。
パソナ本社の淡路島移転などもそんな未来を見据えてのことかもしれない

地方分散シナリオの実現には人口増、豊かな暮らしのまちづくり、
その地域の経済や環境問題などを活性化していかなければならない

20200916_182629.jpg
この丸い図はSDGsのイシューマップと呼ばれるもので
砂漠化などから見える負のスパイラル
これをどうすれば正のスパイラルに変えていけるのか
ここを考えるのがSDGs的地方創生

今だけ、金だけ、自分だけ
の考えでは到底実現できないSDGsな世の中

急激な人口減少による国力の低下の中で
日本が世界と対等に渡り合うためには
「おもてなし」の国、日本の根底にある精神をもう一度再認識し
先を見据え信用を貯蓄し、廻りの人も幸せになる
そんな日本になっていかないといけないですよね

20200916_201751.jpg
解決していかなければならない問題はたくさんあり
この桶のように一枚でも板が足らなければ
そこまでしか水が溜まらず、満杯にはならないように
それぞれがたがいに繋がり合っているので
全てを同時に進めていく必要がある
しかもあと10年で!

昨晩はそんなSDGsをカードゲームを通して学ぶというお勉強でした

最初はルールが分かりにくいところもありましたが
非常に世界観がわかりやすいゲームで楽しかったです
自分たちで町を作るそのために何をするべきなのかを考えるいいきっかけになりました

自社の取り組みとSDGsの取り組みと重なるところはいくつかありそう
そこにお客様のニーズが転がっている
どの項目が当てはまるか、明確にし考えていきたいと思いました。




posted by ueda at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。