木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年09月04日

尾崎の家新築工事

台風の影響で
雨が降ったりやんだりの変な天気が続いてますね、
台風10号とっても心配です。

尾崎の家は外部工事進行中です

玄関アプローチの庇工事
軒先周りの部材を取付て、
化粧野地板を張ってます
20200831_084630.jpg
下から木の板が見える庇になっているので
化粧面を下に向けて貼っていってます。
20200831_084403.jpg
下からみると 垂木と化粧野地が見えます。
目線も近いので節の少ない材を使用しています。

20200831_085528.jpg
破風も取付て防水下地を貼れば
ひとまず下地は完成です。
仕上げはガルバリウムのたてひら葺き

20200831_085541.jpg
玄関はバルコニーの軒下になっていて、
軒の天井も杉板で仕上げる予定。

20200831_090030.jpg
アプローチの庇〜玄関の軒天まで杉板が見えてきます。
この部分は外壁の仕上げも変える予定なので
玄関らしく全体の雰囲気とは、少し変化のある仕上がりとなります。
おたのしみに(^▽^)/



posted by ueda at 09:00| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

尾崎の家新築工事

外部工事進んでいます。
庇を取り付け中です、
20200830222828.jpeg
玄関までのアプローチ
スロープの屋根となります
これがあると雨の日でも濡れなくてすみます😆
20200830222906.jpeg
かなりの高低差があるので、
スロープも長くなります。
20200830223313.jpeg
外壁仕上げの焼き杉の下地も進んでいます。
縦の桟は空気の通り道となり
屋根の通気槽と繋がります。
室内からの湿気を外に排出してくれます。

湿気の中には、有害物質を含んでいるので
室内の湿気を外に逃がすことは、
健康のために欠かせない考え方です🎵

posted by ueda at 09:00| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

尾崎の家新築工事

お盆前の工事ですが
瓦葺き工事です。
20200810_122629.jpg
地瓦を瓦桟に引掛けて
ステンレスの釘打ちで一枚一枚留め付けます
20200811_170640.jpg
軒先は万十なしのシンプルな軒先瓦(切落)を使用しているので
すっきりとした仕上がりになります。
棟付近の黒いのは棟換気部材
断熱材の上の通気層を通ってくる熱気を
ここから排出することで室温の上昇を抑えます

20200811_170708.jpg

袖瓦もいつもと雰囲気の違う仕様です
緑窯業さんからの提案で、住まい手にそのまま提案
この仕様で採用になりました。

20200811_171746.jpg
袖瓦に一腰 段が付いているので
瓦のラインが細く見え、屋根瓦全体が軽く見えます

20200810_122641.jpg
近くで見るとよく分かります。
影が差したりすることで、より瓦のラインが強調されます。

残るは棟葺き(屋根の三角の頂点部分)
のし瓦を積んで鬼瓦を設置していきます。
仕上がりが楽しみですね

インスタフォローお願いしま~す(^▽^)/


posted by ueda at 21:03| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする