木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2021年04月16日

宇山の家改修工事

宇山の家改修工事

玄関の向きを変え
ゆったりと玄関へ入れるようにしています。
道側に玄関戸を移動させ庇を取り付けます

20210331_085321.jpg

庇の出幅900なのでがっちりと
既存の柱に連結して
腕木を出しボルトで固定します。

20210402_110939.jpg

腕木の上に桁や垂木などの屋根下地材を取り付けていきます。

20210403_133228.jpg

台風などで風にあおられると、庇の出幅が大きいほど
大きな力が掛かりますので
上に人が乗っても大丈夫なくらいには補強しています。

20210403_133219.jpg

もともとの玄関は増築し物入と下駄箱に変わります。

20210409_173904.jpg

外壁の塗装工事も始まったので
外部足場が掛かって廻りが見えずらくなりましたが
着実に工事は進んでいます。

posted by ueda at 18:45| Comment(0) | リフォーム工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月15日

福井の家改修工事

福井の家、着々と進んでおります。

外部の工事もほぼ終わり
あとは足場の解体を待つのみとなりました
20210106_102823.jpg
ビフォー

20210409_154046.jpg
アフター 

木の色が復活しました。
まるで、
白黒写真がカラー写真に変わったような雰囲気ですね。

20210409_161651.jpg

内部では壁の下地を起こしつつ
建具の枠を組んで取り付けていってます。

20210409_161839.jpg

玄関と廊下、 左側には本家側の雨戸が
しまい込めるスペースを確保しています。

20210409_161929.jpg

リビングダイニングの壁の下地も完成に近づいています。
先日は造作キッチンの打ち合わせも順調に決まり
製作に入っていきます。

現場の方もかなり形が見えてきているので
住まい手さんも実感が湧いてきて、
現場に見にくるのが楽しみですと
言ってくれています。

少しでもいい住まいになるように
気合入れて頑張ります(^▽^)/




posted by ueda at 22:07| Comment(0) | リフォーム工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

福井の家改修工事

リビングの天井下地

リビングは天井高がとれる梁組になっていたので
中央部を20cmほど高くし、
間接照明を入れることになりました。

20210323_110518.jpg

最初に高い方の天井の下地を組み、
中央部のボードを貼ります。

20210323_110618.jpg

それから間接照明を仕込む懐の下地を組み
低い方の天井下地を組んでいきます。

20210329_114705.jpg

高い方の天井と低い方の天井の間から
光が漏れるようにしています。
この時、下から見て照明器具が見えないように
かつ作業もしやすいように、寸法を考えて作っています。

20210325_085458.jpg

全体のボードが張れると、雰囲気も出てきましたね。
造作工事もどんどん進んでいます。

20210323_110643.jpg

現場の棚に広げられた
大工道具の鑿(のみ)たち、
3mm巾〜18mm巾までは3mm毎に6本
18mm〜52mmまでは6mm毎に4本
の計10本組に、よく使う巾の鑿4本を追加した14本

砥石で研いでは使い、すり減って短くなっています。
自分たちの使う道具を整えるのも大工の大事な仕事です。





posted by ueda at 21:55| Comment(0) | リフォーム工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする