木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年06月05日

淡路島の住まいの悩み事

最近よく相談にのることがあります。
淡路島では、ちょくちょく聞く悩み事で

実家が農家を営む家庭では
ほとんどのお宅が、
本家普請と呼ばれる形で家を建てている、

主屋(本家)、
横座敷、蔵(西棟)、
裏座敷(北棟)
ブロック造の水回り(東棟)
通り門、牛小屋(南棟)
本家を中心に建物で回りを囲った建て方で
これだけの建物を一代か
二代掛けて建てている場合が多い

そのため、修理の時期が来ると
あっちこっち順番に修理していかないと
維持することができなくなってくる、
息子世帯は働きに出て、
農業もボチボチになってくると
どうやって維持するのか、
深刻な問題となってくる、
大半が使っていない部屋で、でも、
物は一杯で、片付けるのも大変なので
そのままになっているといった状況もよくあります。

ひとつの建物を維持するだけでも大変なのに
この複数の建物をどう管理していくか
悩みが尽きないのであります。

その解決方法も家の事情により様々で

順番に直していく、
潰して子世帯が住めるようにする
手を付けずに放置
徐々に減築していく
再利用できるようにリフォームする
屋根だけ直して延命措置
直したけど数年後にはやっぱり解体💦
なんてことも、

僕たちが思うには
やはり、本家の主屋が一番大事なので
そこを起点に、次の世代へどう渡すのかを
長期的な目線で考え結論を出す必要があると思います。
先代から受け継いだ物を維持しなければという思いと同時に、未来の子供たちに負担をかけないため、時には減築等の判断も必要なのかもしれませんね
難しい問題です💦

posted by ueda at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

南房総市からの贈り物

今日、南房総市の村上建築工房さんから
そらまめが届きました。

20200513_190407.jpg

淡路の仲間なら知っている方も多いと思いますが、
僕と村上くんは、
大工の親方同士が兄弟弟子の関係で
現場で一緒になることもよくありました。
仕事が終わってから一緒に研ぎ物をしたり
修業時代を共に過ごした方でもあり、
第2の親方でもあります。

村上君は修業を終え、千葉で独立
修行を終えどうしようかと悩んでいた僕に
行くとこ決まってないなら、うちおいでよと
声を掛けてくれました。
静岡、館山、柏、田園調布、猿ヶ京、館山、柏と
約20か月ほどお世話になり、
たくさんの現場を経験させて頂きました。

DSCF0059.JPG 当時の現場
TVチャンピオン011.jpg TVチャンピオン大工王選手権

忘れもしない、
お世話になるために静岡についた日に
村上家の2人目の男の子が生まれ
淡路に戻るお別れの日に3人目の女の子が生まれるという
村上家とは深い縁を感じずにはいられない出来事もありました

届いたそらまめですが
そのまま焼いて食べるのがメッチャ美味しい(^▽^)/
お酒のつまみにもサイコーです。
妻の作るそらまめのパスタなんかも美味しいです(^▽^)/

20200513_190353.jpg
そらまめと一緒に届いたのは

お子さんの大学進学の知らせ、
おめでとう〜(^▽^)/
コロナで大変やとは思うけど、頑張ってね! 

地元新聞の記事

昨年の台風で地元の神社の拝殿が傾いた
日々傾きがひどくなり、倒壊かと思われたところ
地元大工の村上君と建築家の判断で、
すぐ復旧の作業に入り水平に引き起こしたという内容でした。

20200513_191901-c0285.jpg

遠く離れた活躍を知らせてもらえるのは
そらまめ以上にうれしかったです。

僕も負けないように頑張らないと、と思いました。
posted by ueda at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

今できること

みなさんこんばんは、
淡路島に感染者一名でました😅
とエイプリルフールであってくれと願うような
ニュースから始まった本日
先週の志村けんさんの訃報は
ホントにショックな出来事でした。
今日の医療専門家会議では医療崩壊がそこまできている、危機的状況にあると話され
まだまだ、コロナもこれからといった様子で、
自粛ムードもワンランク上がったような感じがしています。
自粛のなか、経済活動をどう捉えるかすごく悩みますね、
動かないと地元の中小企業は本当に大変なことになります。
ほとんどの業種で2~9割減売上低下
直接的な影響はまだまだ少ない当社ですが、
長期化すれば、どんな影響が出るのか不安です。
今は、個人個人が意識を高め
3密接を避け
できるだけ、地元商店での消費を
意識しなおすことが必要ではないでしょうか。
アマゾンや大手のサイトでは地元にお金が回りません
こんなときだからこそ、
身近な地元での経済のやり取りが、
地域を、回り回って自分達を強くするはずです。
そんななか、長いこと受注ストップしていたトイレの注文受付が再開、
当社で注文していたトイレも5月20日の納期回答が来ました。
今から納期短縮していくそうです。
嬉しい😃🎶
posted by ueda at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする