木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年07月10日

キッチンの床改修工事

リビングが石張りのお宅
キッチンは合板基盤の床材
家事室はクッションフロア

20200710_085939.jpg

リビングとの素材のギャップが
ずっと気になっていた様子

20200710_085301.jpg

今回のリフォームで大理石貼りにして
統一感を出したいという事で
たくさんのサンプルの中から選んだ石を貼ることに

20200710_091646.jpg
キッチンなどは触らずに施工するので
角がたくさんあります。
おまけに床下収納も💦

まずは割り付けから 
小さい半端が入らないように
計算していきます。
糸を貼って直角を出し微調整
壁から直角だすと
10mmくらいキッチンと誤差が出そう
でしたが、巾木が少しへっこんでいて
あまり目立たなそうなので
良く見える通路を優先して貼ることにしました。

20200710_085209.jpg

切りものだらけで大変ですが
仕上がると、高級感のある床に変わるので
めっちゃ楽しみですね(⌒∇⌒)




posted by ueda at 21:38| Comment(0) | 左官のしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

左官さんの見えない仕事

昨日、出張中の左官部隊から連絡があり
藁スサを送ってほしいと、倉庫へ
藁スサが入っている、
普段自分は開けることのない
小さい倉庫を開けると
たくさんの袋が山積みになってました⁉️

20200615_104258.jpgふるう前の藁スサ

藁スサは左官にとってはすごく大事な素材
漆喰や土に混ぜ混む事で、
保水性を高めたり、割れにくくする補強材、
として重宝します。
そのため藁をいろいろな大きさに分類し
この仕上げにはこのサイズといった具合に
ふるいにかけて選別します。

20200615_104236.jpg飼料袋に入れて保管

パッと見はどれがどれかは判別がつかず😅

これは、ふるいにかけて大きいものと、
粉っぽいのを分けたくず
20200615_094246.jpg
そのくずの小さいものだけを集めた小くず
20200615_094250.jpg
少し細か目の藁スサ
20200615_095500.jpg
3厘以下の藁スサ
20200615_095504.jpg
これらは職人さんが、
埃まみれになりながら
ふるいにかけて選別したもの
ひとえに藁スサといえど、
すごく手間暇がかかっています。
こういう細かいところにも気を使い
仕上げの表情を作り上げる左官さん、
やっぱりすごいなと思いました。

注)僕の見た目で書いたので
写真の名前は間違えてるかもしれません💦
posted by ueda at 20:24| Comment(0) | 左官のしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

こんな世の中だから漆喰リフォームしませんか?

ホームページのコラム更新しました。

漆喰の壁・天井にリフォームして
快適な暮らしを送りませんか(^▽^)/

記事はこちら

20200514_222215.jpg 20年経った事務所の漆喰壁


posted by ueda at 22:47| Comment(0) | 左官のしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする