木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2010年02月18日

納の家

納の家 の近況です。
DSCN3972.jpg
外壁も下塗りが終わった状態です。
今日から仕上げの掻落としを塗る予定です。

DSCN3899.jpg
階段材は国産杉の積層材です、大工さんに刻んでもらいました。

DSCN3916.jpg
完成

DSCN3906.jpg
陶芸が趣味の住まい手が制作した
洗面ボウルをカウンターに埋め込みました、
黒くて渋みのあるボウルです。

DSCN3978.jpg
和室の天井の形を考え中

この和室は6帖の洋室と建具で仕切られていて
建具を開けると一部屋になります。
締め切ると3帖の広さしかありません。

いっそもっと狭く感じるような、
こもれるような部屋にしませんか
と提案したところ、
住まい手も「この部屋はお任せします」
と賛同してくれました。

DSCN4018.jpg
天井を貼っているところ。

木摺り(昔の左官の下地)に壁を塗りつけ
壁から天井へと連続して塗っていきます
真ん中のほうを塗らずに空けておくことで
木と木の隙間から照明の光が漏れてきます。


DSCN4032.jpg
下地完成です。 このままでもかなり綺麗です。
夕方に照明をつけると、いい雰囲気です。

左官の壁の仕上げをどうするか考え中です。

DSCN4039.jpg

これは、玄関の飾り棚
真ん中に窪んだ丸があります。
施主さんの提案で
凹レンズのような面になる予定・・・?
うまく仕上がるかどうかやってみてのお楽しみ、

こんな感じで凄く順調に進んでいます。
大工工事もほぼ終わり、
ここから左官さんの出番です。











posted by ueda at 09:57| Comment(0) | 納(オサメ)の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

納の家

長らく更新が遅れていました。
納の家ですが、
中間検査も瑕疵保証の検査も無事終わり
着々と進んでいます。

DSCN3427.jpg

現在屋根瓦と、外壁を平行して進めているところです。

DSCN3503.jpg
この家の軒裏は杉板貼りで間に通気口を設けています。
小屋裏の内部結露しやすいところに通気層をとることで
湿気を外に逃がすことが出来ます。

DSCN3519.jpg
破風はガルバリウム鋼鈑で巻きました。
板金屋さんが加工した材料を取り付けていっています。

DSCN3523.jpg

DSCN3518.jpg
金属板の継ぎ手は「はぜ」と呼ばれる加工がしてあり
簡単には水が浸入しないようになっています。

DSCN3526.jpg
屋根には瓦が運び上げられ屋根を葺く準備が出来ました。

朝晩の冷え込みがきつくなって来ましたが
風邪を引かないよう体に気をつけて頑張りたいと思います。








posted by ueda at 19:17| Comment(0) | 納(オサメ)の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

納の家 上棟

台風も過ぎ去り、さわやかな天気が続いています。

納の家の裏道から見える先山
DSC_0068.jpg

10月10日に納の家の棟上げが行われました。
朝から天気もよく絶好の棟上日和
DSC_0046.jpg
レッカーで順番に桁や梁を吊り上げて
所定の位置に建てて行きます。

施主さんと出会い約半年
「本当に今日建つんですね、朝からわくわくしてます」と

次々木が組まれて行く様子を楽しそうに見てくれていました。

DSC_0024.jpg

今回の材木は高知県の嶺北材で中温乾燥した材を使用しています。
乾燥機の都合上、6mまでの材しかないので
それ以上の長さになると桁や梁などに継ぎ手ができます。

継ぎ手は「追掛大栓継ぎ」「金輪継ぎ」を使用しています
DSC_0008.jpg
2階のノボリ梁(7m)だけは継ぎたくなかったので
製材所に無理をお願いして製材して頂きました。

2階リビングに見えてくる化粧の松丸太を組んでいるところ
DSC_0056.jpg

15:00の休憩 
家の前にはみかん畑があり畑越しに撮って見ました。
みかんも色づいてきています。もうすぐ収穫かな?
DSC_0066.jpg

無事棟上も終わり
略式ではありますが上棟式をしている所です。
DSC_0110.jpg
通常屋根の上に上がるのですが、
片流れの屋根なので、2階の大黒柱(7寸)の前で行いました。
DSC_0115.jpg

最後に集合写真を撮りました。
DSC_0121.jpg

京都から応援に来てくれた土井君ありがとうございます。

施主さんにもいろいろとお気遣い頂きありがとうございました。
そして、「上棟おめでとうございます」。

今から本格的に現場での工事が始まりますので、
頑張って行きたいと思います、宜しくお願いいたします。














posted by ueda at 11:09| Comment(1) | 納(オサメ)の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする