木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年02月20日

鮎原の家新築工事

住宅も無事引っ越しして、
新しい暮らしが始まっています。
残りの外構工事
20200218_105411.jpg
倉庫の前に庇を付けます
20200219_114949.jpg
屋根の仕上げは『こけら葺』もどき
杉板でざっくりと作ろうと考えてます。
20200220_114922.jpg
が、、、いざ納まりを考えると
なかなか悩みますね、
向所くんも悩んでいます😁
20200220_120924.jpg
下地が出来て、仮置きしながら納まりの微調整
仕上がり楽しみです🎵

posted by ueda at 15:27| Comment(0) | 鮎原の家新築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

収納について

今回は収納について

プランを考えるとき悩みますよね〜(^▽^)
収納はたくさんあれば良いのですが、
その分部屋が狭くなるし(^_^;)
少なすぎると部屋に置くようになるし(-_-;)
難しい物です(^▽^)

弊社の収納の事例をご紹介します。
https://www.skueta.com/post/syuunou

DSC_9188.JPG
posted by ueda at 19:17| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

鮎原下の家改修工事

谷樋の交換工事

ビフォーアフター🍀😌🍀
上側 改修前
下側 改修後
IMG_20200218_220227.jpg
メインの谷樋改修前は
瓦の下の谷樋に土が溜まり苔が映えて水溜まりが出来ています。
隙間が少なく掃除も出来ない状態でした。
改修後は瓦を切り上げ勾配もきっちりと取り直し
スッキリと仕上がりました🎵


IMG_20200218_215951.jpg
ここは、谷と谷が直角に交わるところで
しかも一番低くなっていたので、
部屋の中をパイプで雨水を抜いていたのですが、
それも上手く流れていなかったみたいでした。
改修後は、この部分に水が溜まらないよう
一番高くして、新しい谷樋とFRP防水へ水を逃がすようにしました。


IMG_20200218_220108-84cdb.jpg
無理やり2階を増築しているので
屋根の水が建物の足元に入っていくようになっていて
その中には谷樋が入っているのですが
大雨の時はオーバーフローして雨漏りしていました。
改修後は広めの緩勾配の谷樋に
足元は封鎖して水が回らないように
谷幅が広いので瓦棒的な納まりで仕上げました。

雨水を、逃がすときは出来るだけシンプルに
メンテナンスのしやすさもしっかりと考え、
経年変化があっても物理的に入りにくい構造にするよう心がけています。

これで、ひとまず雨漏りも解消されると思います。
ただ、ひと夏越えて台風などの具合を
みてみないことには完成とは言えません💦
問題ないことを祈ります😁


posted by ueda at 22:27| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする