木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2021年04月07日

線香オブジェ

淡路市の薫寿堂さんの
線香と左官のデコレーション

前回から 左官女子の中村が
この作業の担当になっていて
作品の出来のグレードが一気に上がりました

20210401_164040.jpg

18枚のパネルで組み合わせていて
今までは上下の繋がりはなく
左右の1対で考えていましたが
今回は全体で一つの作品になるように出来ないかな?
と提案があり、悩みながら進めています。

20210401_164043.jpg

この4枚は
淡路島には欠かせない海を表現
背景は棒線香を一本一本並べ
その上に
アロマコードを使い海の生き物を一筆書きで表現(⌒∇⌒)

20210405_145738.jpg

4枚合わせるとこんな感じ
いや、凄すぎるでしょ!!
しかも、ウミウシをチョイスするお茶目な左官女子

中村の女子力の高さ惜しみなく発揮しています(^▽^)/
毎回現場に見に行くのが楽しみで仕方ないです(^▽^)

20210401_165412.jpg

使用した線香の余り
めちゃくちゃカラフルできれいです、





【関連する記事】
posted by ueda at 23:34| Comment(0) | 線香オブジェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

福井の家改修工事

リビングの天井下地

リビングは天井高がとれる梁組になっていたので
中央部を20cmほど高くし、
間接照明を入れることになりました。

20210323_110518.jpg

最初に高い方の天井の下地を組み、
中央部のボードを貼ります。

20210323_110618.jpg

それから間接照明を仕込む懐の下地を組み
低い方の天井下地を組んでいきます。

20210329_114705.jpg

高い方の天井と低い方の天井の間から
光が漏れるようにしています。
この時、下から見て照明器具が見えないように
かつ作業もしやすいように、寸法を考えて作っています。

20210325_085458.jpg

全体のボードが張れると、雰囲気も出てきましたね。
造作工事もどんどん進んでいます。

20210323_110643.jpg

現場の棚に広げられた
大工道具の鑿(のみ)たち、
3mm巾〜18mm巾までは3mm毎に6本
18mm〜52mmまでは6mm毎に4本
の計10本組に、よく使う巾の鑿4本を追加した14本

砥石で研いでは使い、すり減って短くなっています。
自分たちの使う道具を整えるのも大工の大事な仕事です。





posted by ueda at 21:55| Comment(0) | リフォーム工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

八木の家新築工事

今日は地鎮祭

少し風が強かったですが、天気も良く
最高の地鎮祭日和でした(^▽^)/

20210403_091621.jpg

今回は仏式の地鎮祭
宗派によりやり方もいろいろあるみたいで
今日の地鎮祭も初体験(*^^)v

20210403_091651.jpg

通常、砂山は1か所に盛るのですが、
4隅と真ん中に分散して山を作りました。

20210403_091829.jpg

それぞれの方角の砂山に、
石ころ、小豆・お米・塩などを山に振り掛け
お守りのような木のお札を差しました。
このお守りは天井裏の各方角と中央の梁に打ち付け
一族の繁栄を家守として見守り続けてくれます。

20210403_092838.jpg

途中、住職さんがほら貝を吹き始め
初めて音色を聞いて感動しました。

20210403_093711.jpg

住宅の建築に携わり26年になりますが
初めて体験する地鎮祭でした。
まだまだ知らないこと、たくさんありますね(^_^;)

20210403_093530.jpg

とはいえ、地鎮祭の意味は共通です。

この土地の神様に家を建てることを許可してもらい
建てる住まいの工事の安全と家の繁栄を祈願することです。

竣工に向け安全には気を付け
気合を入れて工事を進めてまいりたいと思います。



posted by ueda at 20:29| Comment(0) | 新築住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする