木と漆喰にこだわる、大工と左官の職人プロジェクトチームです

2020年02月17日

鮎原下の家改修工事

鮎原下の家
谷樋と内装の床の修繕で
外壁の張り替えストップしてましたが再開

20200217_100045.jpg
下地は完成していたので、
みるみるうちに焼き杉が貼り上がっていきます
20200217_100009.jpg
きれいになってくれば、
軒下の壁も気になっていると…。
塗り替えることになり
急遽漆喰壁をめくり、
焼き杉との間に水切り板金を施工
漆喰の下地工事にとりかかってます。
20200217_100041.jpg
posted by ueda at 23:34| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

鮎原の家新築工事

住宅部分の引き渡し
昨日、無事完了しました🎵
今日、入居
ギリギリでした💦
養生が外れ掃除も終わり完成した家で
引き渡しの取り扱い説明をしました。

建物としては完成しましたが
ここからは住まい手が、
この住まいと5年10年と時を刻み
家族と共に造り続けていく😁
そんな未来を想像しながら、
住まいを引き渡す瞬間がすごく好きです。

この現場は、大工5年目の向所くんの
棟梁デビューでもありました、
屋根じまい以降
ほとんどを一人でこなし、
住まい手からも、信頼され認めて頂いて
本人にとっても、大工として大きく成長させてもらい、一生忘れない現場となったことと思います。


20200214_120843.jpg洋室の漆喰押さえ

20200214_121122.jpg家具工事のオーダーキッチン

20200214_120726.jpgリビングの北側の漆喰壁ウェーブ仕上げ

20200214_120518.jpgロフトからリビング覗く
まだ少し仕事が残ってますが
気を抜かず頑張ります😁
posted by ueda at 09:36| Comment(0) | 鮎原の家新築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

鮎原下の家

鮎原下の家改修工事
ブロック造の陸屋根は長年
コンクリート仕上げのまま
両サイドから瓦を被せていただけの納まりでした。
20200211_085424.jpg
大きな雨が降ると瓦の下から水が回り込み
漏水していたようです。
瓦の下に水が回らないように
新しくレンガブロックを積み
FRP防水を施工しました。
20200212_085333.jpg
谷樋は瓦を噴き直し完成です。
隅々はまだ仕上がっていませんが💦
20200212_113222.jpg
ホントに板金屋泣かせの現場です。
隅棟と谷樋と小屋根とFRP防水とが絡む所
高度な技術で折り紙のように金属板を折り曲げ
水の排水経路を作っていきます。
20200213_081905.jpg
板金屋とは、
雨樋の施工や
金属屋根(ガルバリウム鋼板など)の施工
銅板屋根や銅板樋
壁と屋根との接点などの水切りなど
建物に雨水を浸入させない工事をする職人さんです。
腕のいい板金屋さんがいると雨漏りの確率が
グッと低くなるので、心強いです😁




posted by ueda at 21:25| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする